低迷脱し挑んだ「金」

写真提供:Corbis/ Foto

写真提供:Corbis/ Foto

エレーナ・イシンバエワは再三、第一線から退くことを考えていた。7月のロシア陸上選手権の際に、引退して家庭と子育てに専心する意向を表明した。 そして、ボルゴグラード出身の棒高跳びの女王は8月の世界陸上モスクワ大会で4㍍89㌢の成績で3度目の世界一に輝いた。曲折の日々に何があったのか。

 2004テネ・オリンピックの後、イシンバエワニー・トロフィーモフ氏からリー・ペトロフ氏にコーチを替えたれは天のへきれきった。トロフィーモフ氏は1997末から彼女を指導し、テネ五輪金メダリストに育てあげた。まるで気まぐれな娘が実の父親を見捨てるような出来事えた。

  イシンバエワは化を求めてナコに拠点を移した。そこは由を享受する国に思われた

 しかし、時、ため息を、「間がなくて観光どころではないの私に言った。言葉の端々から、親友も姉妹も両親もいない異国で寂しがってるのが分かった。とんどの時間を一人過ごしていた。

 4メートル82センチという最初の世界記録は2003達成した結局、08北京五輪で彼女は優勝した。5メートル5センチという世界新記録で。

 その後、迷が続く。09の世界陸上ベルリン大会でシンバエワは3度目の試技に失敗し、痛々しく顔を覆った。

 翌年のドーハの世界室内陸上選手権で敗北を喫し女は期限の休養に入る」と宣言したその後、復帰し、韓国のテグ界陸上で敗れた。障や痛みが頻発するようになった。イシンバエワ再びそれから復帰した。

インフォグラフィック:

世界陸上競技選手権大会

 11の早春にはボルグラードいた。モナコへりたくなかった。練習をする気にれず、棒高跳びなどやめてしまいたかった。初のコーチロフィーモフ氏の話では、斎期直前の赦罪の主日ゴグラードの彼の自宅の電話が鳴った。イシンバエワってほしいと告げた。

 こまりしたストランで彼女に涙を浮かべ語ったロシアへ戻るまた一緒にレーニングを積みたい。それがかなないなら、退する

 才能にあふれた選手をこのまま終わらせるわけにはいかない。トロフィーモフ氏はう悟った。二人の再挑戦はこの夏、実を結んだ。

 イシンバエワはオデジャネイロ五輪でに競技復帰すること約束し、った。

 「もしもかななければ、さわやに引退します。ですから、ここモスクワで頑張りたかった