たい焼きをロシアで食べれる

ロシア初のたい焼きカフェ=

ロシア初のたい焼きカフェ=

報道写真
 多くの日本人が愛するたい焼きを、ロシアでも食べることができるようになった。ロシア初のたい焼きカフェは、半年ほど前にサンクトペテルブルクにオープンし、じわじわと人気が高まっている。このカフェでは、おにぎりも買うことができる。

日本大好きロシア人女性が立ち上げる

 たい焼きカフェを立ち上げたアナスタシヤ・ベレゼネツさんによれば、日本が大好きで、このようなアイデアが生まれたのだという。ちなみに、まだ日本に行ったことはない。「ロシアで日本ならではの食べ物を紹介して、日本の本物の屋台の雰囲気と文化に接してもらい、そこから日本文化全体を知ってほしかった」とベレゼネツさん。

 ベレゼネツさんによると、あえてたい焼きを選んだ理由は、ロシアですべての材料がそろうから。

 ここには日本びいきなロシア人だけでなく、日本人を含む、普通のサンクトペテルブルクの住民が訪れる。日本人客は全体の5%ほど。日本人客は、日本の本当のたい焼きの味が再現されていると満足している。

 カフェはサンクトペテルブルクの中心部にあり、毎日100人ほどが訪れている。たい焼きは一匹90ルーブル(約147円)、三匹で250ルーブル(約407円)。

もっと見る:ケーキのツァーリ「メドヴィク」>>>