スペース・インベージョン

宇宙探査はロシアとソ連の大衆文化をどのように変えたのか

 国連は、4月12日を「宇宙飛行士の日」と宣言。この日付をロシアで知らない者はいない。1961年のこの日、伝説的な宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンが、ボストーク1号で世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた。この象徴的な大事件は、科学技術の進歩における里程標となったばかりでなく、芸術の世界をも一変させた。

 それ以前にソ連の画家、建築家、デザイナー、文学者、演出家、作曲家らが空想や未来派の作品に触発されていたとすれば、ソ連が開いた宇宙新時代は――それはガガーリンに先立って、1957年の世界初の人工衛星打ち上げ、1960年の宇宙犬ベルカとストレルカの飛行により開幕していたが――新たに強力な刺激を芸術的創造に与えたのである。今や芸術は、新たなミューズ、すなわち実在する英雄を戴き、それにインスパイアされることとなった。

「スペース・インベージョン:宇宙探査はロシアとソ連の大衆文化をどのように変えたのか」を読む>>>