政府高官のゲージツ作品

メドベージェフ首相は絵は描かないが、写真を趣味としている=AP通信撮影

メドベージェフ首相は絵は描かないが、写真を趣味としている=AP通信撮影

プーチン大統領とマトビエンコ連邦会議(上院)議長は絵画、メドベージェフ首相は写真と、ロシアの政府高官は芸術活動にも熱心だ。

 ワレンチナ・マトビエンコ議長は、元サンクトペテルブルク市長で、ロシアの女性政治家のナンバーワン。芸術家としての政界での地位も高い。

 サンクトペテルブルクのクリスマス市場では、ロシア語のアルファベットからテーマを決めるオークション「アズブカ」が催され、オークションの売り上げは慈善事業に寄付されていた。マトビエンコ議長は2007年から数年間、このオークションのために「大晦日(Novogodnyaya Noch')」(アルファベット「N」)や「吹雪(Metel')」(アルファベット「M」)などの油絵を描いた。「吹雪」は1150万ルーブル(約3450万円)、「大理石の橋(Mramornyi Most)」は1300万ルーブル(約3900万円)と、高額で落札された。姓が「M」から始まることもあり(Matvienko)、アルファベット「M」の絵画が特にうまくかけていたと、専門家らは評価。

ロシアの女性政治家のナンバーワン、ワレンチナ・マトビエンコ=タス通信撮影

 プーチン大統領の故郷はサンクトペテルブルクだから、2009年にこのオークションに参加したことは自然なことだ。アルファベット「U」から、「霜が降りた窓の模様(Uzor Na Zaindevevshem Okne)」の油絵を描いたが、なんと3700万ルーブル(約1億1100万円)で落札された。購入したのはモスクワのギャラリー「我々の芸術家」の所有者、ナタリヤ・クルニコワさん。この絵画には文字通り霜の降りた窓と、民族的な模様のカーテンが描かれており、ウクライナのフォークロアをほうふつとさせる。

 プーチン大統領は今秋、モスクワの西2000キロメートルに位置するウラル地方のクルガン市の第7学校を訪問し、生徒たちの前で”才能”を披露。突然チョークを手にして黒板に線を数本描き、「これは猫。後ろからの姿」と説明した・・・

「霜が降りた窓の模様」の油絵=ロイター通信撮影

 メドベージェフ首相は絵は描かないが、写真を趣味としている。高価なカメラを所有し、さまざまな公式および非公式の旅行で撮影。インスタグラムにアカウントも持っており、定期的に写真を公開している。ヘリコプターから撮影した写真は、同じくオークション「アズブカ」で競売にかけられ、5100万ルーブル(約1億5300万円)という記録的な値で落札された。