『ロシア絵画の旅ーはじまりは トレチャコフ美術館』

 刊行:2012年11月
 ポドミンスキイ著
 尾家順子訳
 群像社

 ロシア絵画は学や映画に比べて、日本ではまだなじみが薄い。

 批評家の小林秀雄が「ロシヤ近代文学は、驚くべき高所まで達したが、絵画界はそういうものではなかった」と述べたのは、半世紀前のことだ。

 その後、20世紀初頭のアギャルド芸術が紹介され、カンディンスキーやシャガールがロシア出身であることも注目されるようになったが、小林が念頭に置いていた19世紀ロシア絵画は、今なお広く知られているとは言いがたい。

 各章をトレチャコフ美術館の展示室に見立て、レーピン、アイフスキクインジ、レン、ヴルーベリらの作品と、それらにまつわるエピソードを平易に語る本書は、この空白を埋めてくれる。

 近代ロシア絵画の入門書として格好のである