漁業部門管理のため 新しい省設立へ

大統領府および首相府では、漁業、林業、猟を管理する新しい省の設立問題が議論されている。14日、「コメルサント」紙が2つの連邦省における情報筋を引用して伝えた。

それによれば、新しい省は農業省から漁業庁を分離させる形で作られる計画だという。

このような動きの背景には、漁獲高などの基礎指標が悪化していることがある。

2012年12月末、同紙によれば、ドミトリー・メドヴェージェフ首相がアルカジー・ドヴォルコヴィッチ副首相に対してこの問題を検討するよう指示を出していたという。

 

(「ロシアの声」より転載)