2012年の出来事と趨勢

2012年12月26日//ロシアの立法者が米国向けの養子縁組禁止法案を支持//2009年に発生した弁護士セルゲイ・マグニツキー氏の死亡事件に関与したことが疑われるロシア人に対し、入国などの制限を課するアメリカのマグニツキー法への対抗策をモスクワが模索する中、ロシアの立法者たちはロシアの児童を米国に養子縁組に出すことを禁止する法案を可決した。この法案は、米国が資金提供しているNGOを閉鎖することも提案しており、これがロシア人児童が里親を探すのを妨害することで逆効果をもたらし、市民社会の機能に害を及ぼしかねないと論じる専門家もいる。このロシアの法案は、アメリカ人の家族に養子として引き取られた幼児のディーマ・ヤコフレフちゃんが、2008年に暑い天候の中、継父のマイケル・ハリス氏によって数時間も車の中に置き去りにされた結果死亡したことにちなんで名付けられたものだ。ハリス氏は過失致死罪に問われたが、後に米国の法廷で無罪判決を受けている。

2012年12月26日//ロシアの立法者が米国向けの養子縁組禁止法案を支持//2009年に発生した弁護士セルゲイ・マグニツキー氏の死亡事件に関与したことが疑われるロシア人に対し、入国などの制限を課するアメリカのマグニツキー法への対抗策をモスクワが模索する中、ロシアの立法者たちはロシアの児童を米国に養子縁組に出すことを禁止する法案を可決した。この法案は、米国が資金提供しているNGOを閉鎖することも提案しており、これがロシア人児童が里親を探すのを妨害することで逆効果をもたらし、市民社会の機能に害を及ぼしかねないと論じる専門家もいる。このロシアの法案は、アメリカ人の家族に養子として引き取られた幼児のディーマ・ヤコフレフちゃんが、2008年に暑い天候の中、継父のマイケル・ハリス氏によって数時間も車の中に置き去りにされた結果死亡したことにちなんで名付けられたものだ。ハリス氏は過失致死罪に問われたが、後に米国の法廷で無罪判決を受けている。

2012年も終わりを告げようとしている今、ロシアNowは今年ロシアで起きた最も印象的な出来事を振り返る。