ロシアの再生可能エネルギー分野

国際熱核融合実験炉(ITER) =写真提供:iter.org

国際熱核融合実験炉(ITER) =写真提供:iter.org

ロシアではなぜ再生可能エネルギー分野が成長しないのか、またロシアの研究者はなぜこの分野の革新的開発を行わないのかについて取材した。

いずれは、地球上で石油が枯渇し、ガス備蓄が底をつき、鉱山資源もなくなる時が訪れるのだから、未来のエネルギー危機を防げるような代替エネルギー源を緊急的に探し、開発しなければならないということで、アナリストの意見は一致している。

世界で電力需要が高まり、原油価格が高騰する中、今もっとも注目されている再生可能エネルギーの開発競争により、状況は一変する可能性がある。

事実上の無関心 

世界でさまざまな研究が進んでいるが、ロシアの研究者は、国際熱核融合実験炉(ITER)製造への積極的な関与を除いて、再生可能エネルギー分野にほとんどいない。ロシア政府は2009年、2020年までに再生可能エネルギーの発電の割合を、現在の0.8%から4.5%まで増やすという計画を承認した。これを他国と比べてみると、ヨーロッパの計画では2020年までに20%以上、一部EU加盟国は50~60%という数字を打ち出している。

これほど小さな割合にもかかわらず、ロシア政府の計画は恐らく実現しないだろう。ロシアの水力発電会社「ルスギドロ」は12月初め、ロシアの2020年までの再生可能エネルギーの割合は4%以下にとどまるとする報告書を発表した。

リサイクルされるゴミは7%だけ 

モスクワで11月中旬、他のロシアの再生可能エネルギー開発プロジェクトについて話し合いが行われ、フィンランドの電力会社「フォータム」が進めようとしている、大規模なプロジェクトが発表された。これは日常ゴミから発電を行う発電所建設計画で(厳密にはこれは再生可能エネルギーにはあたらないが)、材木の切りくずやオリーブの種からでも電気を得ることができてしまう。

ロシアでは年間4000万トンのゴミが出ていて、うち90%はゴミ置き場に送られ、3%が焼却され、わずか7%しかリサイクルされていないことから、同社はロシアの潜在性が非常に高いと考えている。

ロシアには現在、再生可能エネルギー分野における独自の革新的開発品が、ほとんどない状態だと言える。

特別法も補助金も市場もなし 

ロシア・ベンチャー企業革新製品需要刺激プログラムの総責任者、ゲオルギー・ゴゴレフ氏はこう話す。「市場がないからこのような状態になってしまう。市場があって、販売先があって、はじめてイノベーションが起こることは周知の通りだ。市場が生まれない理由は単純で、ロシアには他国のような再生可能エネルギー関連の特別法も、補助金のシステムもないことにある。補助のないエネルギーなどあり得ないことで、石油、石炭、ガス、原子力など、どこでも比率設定や補助金がある。エネルギーはインフラでもっとも重要な部分なため、先進国の中でエネルギーに補助金が出ない国は世界に存在しない」。 

 

政治的意志いかんだが 

ゴゴレフ氏は状況の打開は政治問題だと考える。「政治が積極的に動いたら、数年で状況が変わる」。これは、過去5年で再生可能エネルギー利用でトップに躍り出た、アメリカ、中国、ドイツ、インドの例を見れば明らかだ。

「ロシアではあまり関心を持っている人がいない。再生可能エネルギー法を作成しようと2回ほど動きがあったが、どちらも失敗に終わった。その後の2008年11月、電力法の一部条項が修正された。再生可能エネルギー法は存在しないが、ロシア政府には現在、再生可能エネルギーの補助金システムを法に盛り込む権利がある。このシステムは今作成されているものの、それが法に加筆されるか、実際に機能するかという問題は残っている。全般的なエネルギー市場の変革が求められているのだ」。

オリジナル記事(ロシア語)