シリアでロシア人が誘拐、現地ロシア大使館が確認

ダマスカスにあるロシア大使館がシリアで2人のロシア人が誘拐された事実を確認した。同大使館のセルゲイ・マカロフ報道担当官によると、ふたりはラタキアで誘拐されている。

大使館は現地の地方政府と協力を行い、捜査のために活発な措置を展開している。リアノーボスチ通信が伝えた。

これに先立ちイタリア外務省はタルトゥス市近郊でイタリア人のマリオ・ベルオーモさんとロシア人とみられるベルオーモさんの2人の同僚が誘拐されたことを明らかにしている。3人はラタキアの製鋼所に勤務していた。

(「ロシアの声」より転載)