RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH RBTH
ヴェリキイ・ウスチュグ:マロースじいさんの邸宅 ロンドンのロシアン・アートウィーク

カレリア共和国 空飛ぶ石の国

  RBTH
Karelia is famous not only for its nature, but also for having a large number of unusual, almost mystical places. These places are revered by the locals and attract the interest of travelers.
スクロールしてもっと見よう

long-way.ru

カレリア共和国はその豊かな自然のみならず、不思議な場所が多くあることで知られている。地元の人々が特に崇める場所は、旅行者の興味をそそる。
No one will remain indifferent to Karelia's Stonehenge with its areas of primal force, stone idols, rock paintings, and extraordinary sights, some right out of a fairy tale, others more down-to-earth.

long-way.ru

パワースポット、カレリア共和国のストーンヘンジ、石の神像、岩絵、特異領域などの神秘が人々を魅了する。
Mount Vottovaara is ambiguous, enigmatic, and mysterious.

long-way.ru

ヴォーットヴァーアラ山は、多様で神秘的で秘密めいた場所だ。
At the peak of the mountain, spread over an area of 6 square kilometers, are numerous so-called seyd stones. A seyd is a sacred stone worshipped by the Sami, and some say that the top of Mount Vottovaara is none other than an ancient religious site of Sami shamans.

long-way.ru

山頂の6平方キロほどの場所には、たくさんのセイド石(巨石記念物)がある。セイドとはサーミ人が崇めた聖なる石で、ヴォーットヴァーアラ山の頂上は、サーミ人のシャーマンの古代の聖地だったという説がある。
The stones are unique in that they stand on smaller stones that act as supporting legs.

long-way.ru

石は小さな石の土台の上に置かれている。
There are about 500 such stones at the top of the mountain: some are isolated, others are grouped together.

long-way.ru

山頂にはこのような石が500個ほどあり、独立したセイドだったり、いくつもがまとまってできたひとつのセイドだったりする。
Since time immemorial, the Sami (known as Lapps in Ancient Rus) were renowned as powerful sorcerers or shamans.

long-way.ru

太古からルーシでラップランド人と呼ばれていたサーミ人は、力のある妖術使いやシャーマンとして有名だった。
Every stone was thought to have its own sorcerer, who, as legend has it, would inhabit the stone after his death.

long-way.ru

シャーマンが死亡した後、石にその妖術が移るため、それぞれの石に独自の魔法があると言われている。
Sacred stones were afforded particular respect during the life of the shaman, and even more so after his death.

long-way.ru

聖なる石には、シャーマンの生前、特に死後に、特別な尊敬の念が必要である。
It was forbidden to shout or swear in the vicinity of a seyd stone, and women and children were generally not allowed to approach them. It was believed that if these rules were not followed, the spirit of the sorcerer could severely punish the offender.

long-way.ru

セイドの近くでは罵言を発したり、騒いだりしてはならず、女性や子供は近づくこともできなかった。この決まりを破ると、魔術使いの魂が破った者を厳しく罰すると考えられていた。
The Sami also believed that if they made sacrifices to a seyd stone, its spirit would help them.

long-way.ru

サーミ人は供物をセイドに捧げれば、石の魂が助けてくれると信じていた。
There are many versions as to where the stones came from and how they were lifted into the air and rested on their pedestals.

long-way.ru

この石がどこから来たのか、どのような力がこの石を持ち上げて土台に固定したのかなどについては、さまざまな憶測がある。
Some believe that it was the work of the Sami; others say that the Sami did not possess the technology to do it and that they inherited the stones from a more advanced civilization that existed long before.

long-way.ru

サーミ人がそのようにしたという意見もあれば、サーミ人にそのような技術はなく、古代のより発展した文明の時代からこのような姿だったという反論もある。
There is a more prosaic tale about the origin of these unusual stone structures: many geologists believe that the culprit is a glacier that passed through millions of years ago, and assert that the movement and melting of the ice created the unusual structures.

long-way.ru

この不思議な石の構造の発端については、より現実的な説がある。多くの研究者は、氷河の動きや融解によりこのような形になったという、数百年前からの氷河の影響と考えている。
Cars can reach only the foot of the mountain; to see the most interesting part, a long hike is in order.

long-way.ru

車では山のふもとまでしか行くことができないため、実際に不思議な場所を見るには何時間もの山登りをしなければならない。
"To wrap up the story of Vottovaara, I'd like to stress once more the strangeness of the place, regardless of whether you believe the legends and fairy tales, or prefer the glacial explanation — it's not important. But if one day you decide to come here, don't do it in a hurry in a large and noisy group. This is not a place to come for a picnic. Such places are ideal to forget about the bustle and hectic pace of urban life, to be alone with yourself, and think about life. Let it remain so," says Andrei Dovgan of Long-Way.

long-way.ru

「ヴォーットヴァーアラ山の話を終えるにあたり、この場所の特別な点について再度話をしたい。神話や伝説を信じてもいいのか、氷河が形成したという説で落ち着いていいのかなどということはさほど重要ではない。ここに来るなら、大人数のにぎやかな団体で、せかせかと来るようなことはしないでほしい。ここはピクニックの場所ではないのだ。都会の喧騒やめまぐるしい生活を忘れ、一人で人生について考える場所として最適だし、その静粛さを守って行ってほしい」とロングウェイ・スタジオのアンドレイ・ドヴガン氏。
2012年12月11日
Tags: 旅行, 自然, カレリア

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!