シネマトリョーシカ:フョードル・ヒトゥルクを偲んで

ロシアで最も有名なアニメーション作家の一人であり、「クマのプーさん」のロシア版を作ったフョードル・ヒトゥルク氏が、月曜、モスクワの自宅で亡くなった。享年95歳。ヒトゥルクは1917年4月18日にモスクワから200キロのトヴェリで生まれた。

彼は新しく作られたソユーズムルティフィルム・スタジオで1937年から働き始め、第二次世界大戦後、ソ連兵として従軍した後、スタジオに戻った。合計200以上のアニメの作成に関わった。

ヒトゥルクのソ連映画への貢献は見過ごされなかった。彼はソ連人民芸術家の称号を含め、キャリアを通して、多くの称号と賞を授与されている。

我々は、この著名なアニメ作家を偲んで、ヒトゥルクの傑作をまとめたビデオを作りました。

1) 「クマのプーさん」, 1969年 
2) 「島」, 1973年 
3) 「ボニファーツィーのバケーション」, 1965年 
4) 「星を与える」, 1974年 
5) 「映画、映画、映画」, 1968年 
6) 「犯罪のストーリー」, 1962年