ロシア、北朝鮮に対しミサイル発射決定を見直すよう呼びかけ

ロシア政府は宇宙空間の平和利用に関する権利が北朝鮮にあることに疑義を差し挟むものではない。しかし発射の敢行は、北朝鮮による長距離弾道ミサイルの発射を禁じた国連安保理決議を蹂躙するに等しいことである。

ロシアには6ヶ国協議のパートナー諸国とともに朝鮮半島問題正常化に関する努力を続けていく用意がある。たとえば北朝鮮への制裁的制限を撤廃することもあり得る。以上、外務省の発表による。

北朝鮮は月曜、学術研究用衛星を載せた3段式ロケットの最初のものをソヘ宇宙基地に設置した。発射は12月10日から22日という期間内に行われる予定。韓国のヨンハン通信が韓国特務班の情報をもとに伝えたところによれば、北朝鮮のミサイルは3、4日後に発射準備を完了する。

(「ロシアの声」より転載)