中東の非核化に関する会議 近く実施すべき

ロシア外務省は来年4月までに核・大量破壊兵器およびその運搬手段を廃絶するゾーンを中東に設置することに関する国際会議を開くことを支持している。

ロシア外務省によれば、中東の全ての国が参加に合意しているわけではなく、特にイスラエルおよびイランが反対しているという。国連のパン・ギ・ムン事務総長は2013年にこのような国際会議を実施することを約束している。土曜日の声明で事務総長は、特にロシア、米国、英国の支援に期待するとしている。ロシア外務省は来年4月までに会議を実施しなくてはならないとの確信を示している。一方の欧州連合キャサリン・アシュトン外交代表も、会議の実施が遅れていることに遺憾の意を表明した。

2012年に会議を実施することは、核不拡散条約に関する会議で2010年に採択された行動計画で示されていた。1995年に採択された核不拡散条約加盟国による決議は、中東において核兵器、大量破壊兵器およびその運搬手段を廃絶するゾーンを定めることを呼びかけていた。

(「ロシアの声」より転載)