戦死者の名前を明らかに

=タス通信撮影

=タス通信撮影

スターリングラード攻防戦でソ連軍の反撃が始まった1942年11月19日から、ちょうど70年が経過した今年、ママイ墳丘墓(ママエフ・クルガン)で大規模な「兵士名復活」運動が行われた。

ママイ墳丘墓は、元来タタールの埋葬された墳丘墓(クルガン)で、この高さは102メートルの高地は、大祖国戦争(独ソ戦)中のスターリングラード(現ヴォルゴグラード)攻防戦(1942年8月から1943年2月まで)において、市を支配するための重要な作戦上の拠点となった。いってみれば、スターリングラードの「203高地」だ。現在では、攻防戦を記念する複合施設がある。

「兵士名復活」運動 

このたびの「兵士名復活」運動は、スターリングラードを防衛したこれまで無名だった兵士1万7000人の名前が刻まれた記念碑1500枚を、墓地の壁に設置しようというものだ。「スターリングラード攻防戦」博物館・自然公園の調査部が、3年かけて入念な調査を行い、ようやく名前を集められた。この英雄たちは、ママイ墳丘墓内の「グラヴナヤ・ヴィソタ・ロシイ(ロシア中心高地)」、「ボリシャヤ・ブラツカヤ・モギラ(大共同墓地)」、「マラヤ・ブラツカヤ・モギラ(小共同墓地)」に埋葬されている兵士だ。

小共同墓地(1948~1949年埋葬)は、ママイ墳丘墓の南部分に位置しており、ヴォルガ川に後退しないよう墳丘を守った1500人の兵士が眠っている。

大共同墓地は、ママイ墳丘墓の巨大な「母なる祖国像」(高さ85メートル)の真下にあり、スターリングラードを防衛した3万4500人のソ連将兵が埋葬されている。これらの英雄がここに運ばれたのは、破壊された街が再建されてからだ。英雄の親戚は、これまでどこに埋葬されているのかわかっていなかった。

私の家族はどこ 

ヴォルゴグラード州の住民、アレクセイ・ツィリュリニコフさんはこう語る。

「わたしの家族は67年間、わたしの父の兄のアレクサンドル・ミヘエヴィッチ・ツィリュリニコフを探していました。伯父は戦車小隊の隊長を務め、敵のトーチカ(特火点)を5ヶ所破壊し、300人以上のナチスドイツの将兵を掃討して、英雄的な死を遂げ、死後に赤星勲章を受勳しました」。博物館の職員は、アレクサンドルさんがママイ墳丘墓に埋葬されていることを突き止め、共同墓地の記念碑に名前を刻んだ。

ニキフォル・フョドロヴィッチ・イズラスツォフさんの名前も1万7000人の中に含まれており、近々記念碑に名前が追加される。ニキフォルさんの親戚も墓を十年以上探し続けたが、墳丘墓に埋葬されていることを知ったのはつい最近だ。ニキフォルさんの兄弟の孫にあたるアレクセイ・イズラスツォフさんはこう述べる。

無名のまま眠る戦士たち 

「記念碑の設置は感動的な瞬間です。私の親戚はずっと墓を見つけたいと願っていました。ニキフォルは第49狙撃兵師団に属し、1942年にスターリングラードで亡くなったことはわかっていましたが、墓の場所はわかりませんでした。今回調査された方に感謝いたします」。

博物館のアレクセイ・ヴァシン館長はこう話す。「名前が明らかになっている、戦死したドイツ国防軍の兵士と、ソ連軍の兵士の数を比較した時、ショックを受けました。ヴォルゴグラード州のロッソシュキ村にある、スターリングラード攻防戦で戦死したドイツ兵の共同墓地の記念碑には、11万7000人の名前が刻まれていますが、一方で同じ攻防戦で戦死した赤軍兵士で名前が判明したのは、1万5000人に届きません。このような状況は命をかけたソ連兵に対する侮辱であり、それを踏まえた上で修正していかなければなりません」。

博物館に調査部ができた2009年に、調査活動が一気に進んだ。それまでに、総合データバンク「メモリアル」にも多く記録されていた。この世界にも類のない、古文書デジタル化およびネット上の世界的情報調査システムのプロジェクトにより、新たな調査の可能性がうまれた。ママイ墳丘墓には1万7000人の兵士が埋葬されているというのが3年の博物館の調査結果だが、しかし、戦死した兵士の名前を明らかにすることと、その名前を永久的に残すということはまた別の作業だ。

風化との戦い 

記念碑創設も簡単ではなかった。ママイ墳丘墓の共同墓地は1995年につくられ、ヴォルゴグラード州で全域で発見された兵士の遺骨が、埋葬を目的として集められた。記念碑の一部は100メートルの大きな壁で、ママイ墳丘墓に眠る赤軍兵士の名前が刻まれている。18年前に墓地が開設された時、6500人の戦死した兵士の名前が壁に刻まれたものの、その後長い間忘れ去られていた。2011年に430人分の新たな名前が追加され、2012年夏にさらに216人分が加えられた。一度に1万7000人の将兵の名前が刻まれるというのは、ソ連史でもその後のロシア史でも前例がない。

11月19日に始まった設置作業は、スターリングラード攻防戦勝利70周年記念日の2013年2月2日に完了する。