中国航空博覧会 ロシア・アクロバット飛行チームの公演 

水曜日ロシアのアクロバット飛行チーム「ルースキエ・ヴィーチャジ(ロシアの勇者達)」は、中国の珠海(チュハイ)で開かれている国際航空宇宙博覧会でデモンストレーション飛行を行ったあと、チームを構成するスホイ27型機5機のうち1機に不具合が見つかったため、専門家達が処理していたが、無事問題が解決した。航空博覧会「チャイナ・エアショー2012」のスポークスマンが伝えた。

16日金曜日「ヴィーチャジ」は再び5機の完全編成で、2回も演技を行った。スポークスマンによれば、ロシア人パイロットらは、極めて複雑で難しいプログラムを申し分のない出来で披露し、中国の観客らの喝さいを浴びた。

伝えられたところでは、水曜日に、チームが乗り組んでいるスホイ27型機5機のうちの1機に不具合が見つかったため、木曜日のデモンストレーション飛行は、4機編成で行われた。しかし必要な部品がすぐに届けられ、直ちに修理がなされたため、金曜日には完全編隊での演技が可能となった。

(「ロシアの声」より転載)