ロシアの専門家ら アラファトの遺体発掘に参加

パレスチナはアラファト前議長の遺体発掘のため、ロシア人、スイス人、フランス人の専門家らの参加を決めた。パレスチナ自治政府のマフムド・アッバス議長が明らかにした。

アルジャジーラが伝えたところによれば、スイスのローザンヌ放射能物理学研究所の専門家らがアラファトの所持品を調べ、服や歯磨き、汗、血液、尿のなかにポロニウム210が基準値を超えて発見され、それが突然死の原因になったとの見方もあるという。

アラファト氏は2004年11月、パリ郊外の病院で急逝した。当時、フランスの医師らは個人的生活の情報秘匿を理由に死因を明らかにしなかった。モサド特務機関員によるアラファト暗殺説は当時から言われている。

(「ロシアの声」より転載)