「ジュークボックス・トリオ」

「ジュークボックス・トリオ」はジャズの即興性、ロックのノリ、ポップスの親しみやすさとアカペラの美しさを兼ね備える。それゆえに、ロシアで「音の奇跡」と呼ばれる。

 

ロシアのアカペラの奇跡、「ジュークボックス・トリオ」はアカペラとビートボックスのテクニックを合わせる。有名どころを歌うばかりではなく、ヒップホップ・ビートボックス、ポップス、リズム・アンド・ブルースのヴォーカルとアカペラのバス・パートを組み合わせる。彼らは、それを「ストリート・ビート・アカペラ」と呼ぶ。たった3人の声で、楽器は使わないが、十分な音楽教育と、聞いて分かるスタイルと明るいパフォーマンスが、特徴である。

 

「我々はボビー・マクフェリンやテーク6が好きですが、我々独自の物を作ろうとしています。ほとんどの曲は英語で、近々初アルバムが発表されます。」