イスラエル議会議長インタビュー:「ロシアは中東での戦争を未然に防げる」

イスラエル議会(クネセッタ)のレウウェン・リヴリン議長は、コメルサント紙とのインタビューに応じ、イランおよびシリア問題に関するロシアのイニシアチブは非常に重要になる可能性があると語った。

リヴリン議長は、イスラエルがイランの核関連施設を2013年に攻撃するかどうかはイラン次第であり、核爆弾開発に近づくか否かにかかっていると指摘している。またイスラエルは、イラン政府を抑止する主要な国であるとし、ロシアに対してもイランに圧力を加えるよう呼びかける、と述べた。議長は、ロシア政府の影響力が戦争を回避するために決定的な役割を果たしうると指摘。一方、 シリア問題については、リヴリン議長は、イスラエルは特定の当事者を支持するつもりはないとしている。

「ロシアの声」から転載