「ガスプロム」ミレル社長のインタビュー

ロシアの国営天然ガス企業「ガスプロム」は、欧州の消費国と同じ原則で、アジア太平洋諸国と協力していく。同社のアレクセイ・ミレル社長が、国営テレビ「ロシア24」のインタビューで述べた。

ミレル社長は、アジア太平洋諸国へのガス輸出の伸びは、欧州市場よりも急速だと強調した。また社長は日本市場について、日本が必要としている量の液化天然ガス(LNG)を供給できると述べた。

「ガスプロム」の子会社「GM&TS」社は2011年、25年にわたって年間250万トンのLNGをインドへ供給する4つの覚書に調印した。最近の契約では、韓国ガス公社( KOGAS)と、2年間で100万トンのLNGを供給する協定を結んでいる。

「ロシアの声」から転載