カムチャツカ 悪天候で学校が休校に

ペトロパブロフスク・カムチャツキーでは8日、強い雨と突風のため、低学年のクラスが休校となった。ペトロパブロフスク・カムチャツキー市の広報部が伝えた。

気象情報によると、カムチャツカ半島は7日、日本側から到達した低気圧に覆われた。現在、沿岸南東部では大雨のほか突風が吹いており、風速は秒速25メートルに達している。ペトロパブロフスク・カムチャツキーでは、秒速18メートルの強風が吹いている。

市当局は、住民や旅行者に対し、警戒するよう呼びかけている。