ISSに宇宙ゴミが接近

国際宇宙ステーション(ISS)にあと30分で宇宙ゴミが接近するとの情報が3日航空管制センターからイタルタス通信に入った。

センターはISSと宇宙ゴミとの衝突の危険レベルは低いと評価する一方で、ステーションが宇宙ゴミを迂回するため軌道をずらさざるを得なくなる可能性も否定していない。

軌道修正の必要性については早急な検討が行われているが、弾道学者らが割り出す数値が常に変化するため決定を下すのが困難な状況。

センターによれば、最終的に軌道修正の必要性が決まった場合、サービス・モジュールの「ズヴェスダー(星)」のエンジンが操作される。

(「ロシアの声」より転載)