ゴミの分別収集の実験開始

=PhotoXPress撮影

=PhotoXPress撮影

モスクワ市政府は9月24日から、モスクワ中心部にある9カ所の既存のゴミ収集庫の隣に、さまざまな色のコンテナを設置し、ゴミの分別実験を行う。実験が成功すれば、モスクワ市全体で分別が始まることとなる。2年前に同様の実験が行われた時は失敗に終わったが、環境保護団体はこの理由を、分別収集をきちんと組織できなかったことにあるとしている。

先週金曜日、モスクワ市中央行政管区は、9月24日からゴミの分別実験を同管区内で始めることを伝えた。9カ所のゴミ集積所には、段ボールと紙、ガラスとプラスチック、金属製の缶、生ゴミが入る、色分けされたコンテナが設置される。新たな設備で混乱しないよう、管区政府は家庭でごみを異なる袋に分別してから持ってくるよう、すすめている。

家庭ごみの分別は、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、スペイン、デンマーク、日本、アメリカ、カナダで行われている。いくつかの国は、分別しなかった場合に罰金も課している。

2年前の実験はあえなく失敗 

モスクワでは2010年から2011年にこのような実験が行われ、コンテナがいくつかの管区の集積所に設置されたものの、モスクワっ子は分別を面倒くさがり、一つの収集庫にすべて捨ててしまったため、実験は失敗に終わった。

今年8月、政府再びモスクワのクジミンスキー林園に分別用のコンテナを設置したが、ここでは新しい方法を取った。色の異なるコンテナを既存の収集庫の近くに置いたのだ。管区政府によると、モスクワっ子が従来の捨て方と分別の、どちらかを選べるようにするという。分別を選ぶ人のために、コンテナ付近に案内をする人間も待機させる。すべてのコンテナが、特別なトラックで毎日運ばれ、収集されていく。

これまで定着しなかった理由は 

 「モスクワのさまざまな場所で分別プロジェクトを見ましたが、多くが無意味に終わっています。モスクワっ子が悪いわけではありません。これは、分別をただ言われた通りに、または仕方なく組織している役人の問題です」と、環境保護団体「グリンピース・ロシア」の有毒物質関連プログラムの責任者であるアレクセイ・キセリョフ氏は語った。

同氏によると、モスクワ市北行政管区で分別されたコンテナのゴミが、市民の目の前で一つの収集庫にまとめられた例もあるという。

「特別自然保護区で、分別されたゴミが同じ袋に入れられていたという話も有名です。市民は収集庫の中を見て確認しているんです。市民を馬鹿にしてはいけません」。