ロシア軍の最新装備

ロシア企業20社が、水曜南アフリカ首都のプレトリアで始まったアフリカ最大の軍事展示会で自社製品を披露した。展示会には400点を越える航空・陸上兵器、海軍技術、対空システムが出品される。現代的重戦車T-72、戦車を支援する装甲車「ターミネーター」も初めて披露される。

プログラムでは、天候に左右されない作戦遂行能力をもつ多目的ヘリコプターのミル171、カモフ3211、「アンサット」のプレゼンテーションも行われる。自走高射ミサイル複合体「パンツィルS1」搭載用の軍用特殊コンピューター装置も紹介される。アフリカ諸国の多くが長年、ソビエト・ロシアの軍事技術を使用している。ロシアは今日、先端的軍事技術を販売するかたわら、既存の装備を現代化することも奨めている。

(「ロシアの声」より転載)