ノボシビルスク動物園で、雌のライ ガー「ジータ」と雄ライオン「セーム」の子(雌)が生まれた

ノボシビルスク動物園で、雌のライガー「ジータ」と雄ライオン「セーム」の子(雌)が生まれ、キアラと名付けられた。ライガーは、父がライオンで母がトラで、人工飼育 下での交雑しか確認されていない。ライガーの雌はまれにしか生殖能力をもたないので、極めてめずらしいケース。 =アレクサンドル・クリャジェフ/ロシア通信撮影