APEC首脳 地域のエネルギー安定供給に向けてガス生産の増加を提案

APECの首脳らは、原子力エネルギーの利用を廃止することなく、地域のエネルギー安定供給に向けたガス生産の増加を提案している。APECサミットを総括して採択された首脳宣言の中で述べられている。イタル・タス通信が伝えた。

宣言では、天然ガスは「地域で最も普及しているクリーンな化石燃料の一つ」であると説明されており、シェールガスやその他の新しい種類のガスを調査するという課題が掲げられている。また、液化天然ガス(LNG)への投資は、エネルギーの安全保障を高めるための手段として考えられている。

APECの首脳らは、原子力エネルギーの平和利用を廃止する計画はなく、その発展や原子力の安全基準の向上を促進する意向。

首脳らは、「テクノロジー開発ならびに汚染レベルの低い廃棄物のエネルギー供給システムの構築、再生可能エネルギーの発展」なども必要不可欠だと考えている。

(「ロシアの声」より転載)