パラリンピックでロシア代表、1日で金5個獲得

ロンドンで開催中のパラリンピックで、水曜、ロシア代表団は金5、銀3、銅3個のメダルを獲得した。金メダルは、まず水泳で2つ―女子背泳100メートルのオクサーナ・サフチェンコ、男子背泳100メートルのアレクサンドル・ノヴォリン・スヴェトフ。陸上からも2つ―男子幅跳びのゴーチャ・クガエフ、男子4×100リレーのロシア・チーム。最後の1つはアーチェリーで射止められた。

銀メダルをロシアにもたらしたのは2人の陸上選手、エゴール・シャーロフ、ニコール・ロドマキナ、そして水泳選手オレーシャ・ヴラドゥイキナ。

銅メダルに輝いたのは幅跳びのウラジーミル・スヴィリドフ、背泳50メートルドミートリイ・コカリョフ、自転車のスヴェトラーナ・モシュコヴィチ。(敬称略)

メダルの獲得数でロシア代表団は英国を抜き、金28、銀25、銅23個で2位につけた。首位を走るのは中国。

(「ロシアの声」より転載)