ロシア 新型大陸弾道ミサイルを開発中

ロシアは、2018年までに新型の重量級大陸間弾道ミサイルを製造する意向だ。新型ミサイルは、西側で「サタン」という名前でよく知られている重量級弾道ミサイルR-36M2「ヴォエヴォダ(ロシア語で「軍司令官」の意)に代わるもの。

リア・ノーヴォスチ通信が、ロシア戦略ミサイル部隊のセルゲイ・カラカエフ大将の発言を引用して伝えたところでは「ミサイル製造は続いており、それが完了するのは2018年になる。」

先にロシア国防省指導部は、米国がMD(ミサイル防衛)システム関連施設を欧州に展開する意向である事に関連して、液体燃料を使った新型の重量級ミサイル製造計画を発表した。

今のところ新型ミサイルに関し明らかなのは、その原型モデルが、新しい燃料で作動し、ロケット飛行区間において、エンジン稼働時間を削減できるということだけだ。

 

(「ロシアの声」より転載)