クレムリンで五輪メダリストらに褒章

プーチン大統領は15日クレムリンにロンドン五輪のメダル獲得者らを招く。招待者は170人以上。その顔ぶれは選手82人のほか監督、各種スポーツ連盟の指導部ら。

金メダリストらには大統領から「祖国に対する貢献」勲章、名誉と友好勲章が贈られる。ロシアは今回の五輪で総計82のメダルを獲得し、世界4位についた。内訳は金24、銀26、銅32。

金メダルの数だけを見ると、前回の北京五輪よりも1つ増えており、よりよい成績を出したことになる。

(「ロシアの声」より転載)