歌手のマドンナがモスクワっ子の体型を心配

=ロシア通信/ヴィターリー・ベロウソフ撮影

=ロシア通信/ヴィターリー・ベロウソフ撮影

モスクワに、マドンナが経営するフットネス・クラブ・チェーン「ハード・キャンディー」がオープンする。

マドンナが直接レッスン!

「ハード・キャンディー」が他のフィットネス・クラブとは違う、独自のプログラムをモスクワっ子に提供するかについては、専門家は懐疑的だが、マドンナ自らがフィットネスのレッスンを行うのは魅力的だ。

「ハード・キャンディー」は、2010年末にメキシコ・シティーで1号店がオープンしている。「ハード・キャンディー」は2008年にリリースされた自身のアルバムの名。

年間会員料は約10万円から 

「ハード・キャンディー・フィットネス・モスクワ」の責任者であるイリーナ・ラズモワさんによると、マドンナ自身がトレーニング・プログラムを管理し、フィットネス・クラブのデザインに関わっているという。

「マドンナが、メンバーの皆様やインストラクターに、直接レッスンをする予定です。クラブには、マドンナのプログラムを中心とした、80種類のトレーニング・プログラムが用意されています。クラブのサービスすべてをお買い求めにならなくても、合うものをお選びいただけるようになっています。価格はフレキシブルで、年間会員料は4万5000ルーブル(約10万円)から16万ルーブル(約40万円)まであります」。

ここにはフィットネス・スタジオが6カ所、プール、トレーニング・ジム、バス&スパ・センターがある。フィットネス・トレーナーのエフゲニー・コロプコフさんによると、経営者が有名人であるという以外、他のモスクワのフィットネス・クラブとは違いがないという。

冷めた見方も

「こんな高いお金は、他の地域では誰も払わないでしょうが、モスクワの年間会費としては普通です。アメリカでは、マドンナ関連のフィットネス・クラブに、それほど人は集まっていないのではないかと考えます。金銭的に許容できる範囲はそれぞれ異なりますから。マドンナのように、自分専用のコックや食事療法専門家を確保している人は、多くはありません。通う誰もがマドンナのような体型になるということはあり得ませんから、失敗も十分あり得ますよ」。

今年末にはサンクトペテルブルクにもオープン 

今年末には、サンクトペテルブルクにも「ハード・キャンディー」がオープンする予定だ。マドンナはM.D.N.A.ツアーで、8月7日にモスクワのオリンピック・スタジアム、9日にサンクトペテルブルクのペテルブルクスキーにおいて、コンサートを行う。