ロシア金メダル3獲得

ロンドン五輪競技10日目、ロシアは3つの金メダルを獲得した。

女子体操種目別・段違い平行棒でアリヤ・ムスタフィナ選手が金メダルに輝いたほか、グレコローマンスタイル・レスリング84キロ級でアラン・フガエフ選手が、女子3000メートル障害でユーリヤ・ザリポワ選手がそれぞれ金メダルを手にした。

なお3連覇の大きな期待がかかった女子棒高跳び・世界記録保持者エレーナ・イシンバエワ選手は、4メートル70をクリアしたものの、銅メダルに終わった。金メダルは米国のジョニファー・サー選手が獲得した。

現在ロシアのメダル獲得数は、金7銀17銅18。国別メダル争いでは6位。

(「ロシアの声」より転載)