ロシアがシリア情勢の評価を「困難」から「緊急」に変更

ドミトリー・メドベージェフ首相が、シリアを「困難な社会的・政治的状況」の国のリストから外し、「緊急事態」または「武力紛争状態」にある国のリストに移した。この外国駐在のロシア人外交官保証問題に対する7月26日付けの決定は、7月31日に連邦規範的管理文書バンクに収められた。この決定は、シリアからロシア国民を避難させようとしている可能性がある、と専門家は見ている。