「市場は性別不問 です 」ナタリア・カスペルスキーさん

「コメルサント」誌撮影

「コメルサント」誌撮影

ナタリアさんは、 15 年にわたりロシアのビジネスエリートに名を連ねる稀有な女性だ。1997年にプログラマーの夫ユージンさんとソフトウェア開発会社「カスペルスキー・ラボ」を創設、その営業、販売を一手に引き受けて、瞬く間に世界屈 指の企業に育て上げた(昨年の売り上げは500億円超) 。

―女性であることはメリットそれともデメリット?

 私は年中色んな会合に顔を出すのですが、似たり寄ったりの濃紺のスーツ姿の男性ばかりで、ほとんどの人は記憶に残りません。でも、むこうは紅一点の私をすぐに憶えてくれます。「あのときあそこでお会いしましたね」などと話しかけられると、その人が誰だったか憶えていなくても、「あら、またお目にかかれて光栄ですわ」などと調子を合わせられるのです。
 

ナタリア・カスペルスキーさん (46)

InfoWatch社長兼会長

1966年生まれ。モスクワ電気工業大学卒 (応用数学専攻)。

InfoWatchはカスペルスキー・ラボの子会社。同社は内部脅威から機密情報を保護するDLP (情報漏えい対策)ソリューション・ベンダーとしてロシアで独走中

  ―ビジネス成功の要諦は?

 四つあります。相手との関係を築くのがうまいこと、お金を稼ぐのが好きなこと、リスクを厭わないある意味で冒険主義者であること、そして、いいチームを作れること。
私にもある程度リスクを追いかけるところがあります。私は色んな人と知り合いになるのが好きな、とても社交的な性格で、InfoWatch社 には素晴らしいチームができました。
とにかく、経営のトップレベルではビジネスの法則がすべてです。性別はありません。あなたは男?女?などと市場は問わないのですから。肝心なのは、先んじて行動すること、他人よりフットワークがいいこと。それだけです。


―InfoWatch社はロシア市場をリードしているが、今後のプランは? 

 目下、私はIT分野の5つの様々な企業に投資しています。弊社はロシア市場で 60 %のシェアを占めていて、 70 %も狙えるのですが、不当に高額な投資を伴います。私たちは小さな池にいるようなもので、海へ漕ぎ出したいと思っています。私たちは、すでにアラブ市場へ進出し、インドで活動を開始しており、ドイツに子会社を設立しました。1つの市場のお山の大将でいる気は毛頭ありません。