「絆 - 日本よ、わたしたちはあなたと共にいます」

モスクワでチャリティコンサート開催

=アントン・チュロチキン撮影

東日本大震災による犠牲者への追悼と、被災者への連帯の気持ちを表すために企画されたチャリティコンサート「絆 - 日本よ、わたしたちはあなたと共にいます」が14日、国立クレムリン宮殿で行われた。主催者である露日経済協議会のアスラン・アタビエフ代表は、「このコンサートは、災害による悲劇を目の当たりにしつつも、勇気と冷静さを発揮した日本民族に対する、計り知れない尊敬と賞賛を示すものです」と述べた。

同コンサートには、イリーナ・ドゥプツォワやロマン・バシャーロフなどの芸能人、聖母修道院合唱団、カルムイク共和国およびカバルジノ・バルカル共和国からの民族舞踊団、 日本人声楽家の天野佳代子、ボーカリスト兼ピアニストのナオミマキらが参加。 歌手のアニータ・ツォイさんはステージで、「今日の歌はフクシマに捧げます。(日ロの)二つの心は距離を超えて出会い、つらい時にも助け合うことができるでしょう」と語った。

アタビエフ代表は、「今年秋には、日本でのコンサートやビジネス・文化フォーラム、展示会などを計画している。このような催しは、両国民の相互理解を促進し、協力関係強化への新たな道筋、露日関係の真に善隣的な段階への発展を促すだろう」と挨拶した。