実験飼育場で遊ぶキツネ

ノヴォシビルスクのロシア科学アカデミーシベリア支部細胞学・遺伝学研究所の実験飼育場で遊ぶキツネ。同飼育場ではすでに50年近く、キツネの家畜化実験が行われている。=アレクサンドル・クリャゼフ撮影/ロシア通信

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる