超希少種アムールヒョウの"ダンス"

国立公園「ヒョウの土地」に設置されているカメラが、絶滅危惧種であるアムールヒョウの動きをとらえた。自律非営利団体「アムールヒョウ」(ユーラシア・ヒョウ個体数保存・再生研究センター)の試算によると、世界には現在、50頭しか残っていない。

 メスのベリーは、カメラの前でペットのネコのように、何時間も遊んだ。“ダンス”では習性を見ることもできる。アムールヒョウが木に体をこすりつけるのは、ここに自分の匂いを残して、オスにシグナルを送る行動。

 

ミス・アース2015の美しき雌豹

 「ヒョウの土地」のウェブサイトのニュースは、ベリーが子どもの頃、アムールヒョウの家族の“リアリティショー”の番組に出ていたことを伝えている。そこで足を負傷したため、多くの視聴者がベリーのその後を知りたがっていた。「画面には、すっかり美人になった、『ミス・アース2015』の名にふさわしい、あのヒョウが映っていた」と、番組のディレクターである、世界自然保護基金(WWF)ロシア・アムール支部広報課のワシーリー・ソルキン副課長は話す。

 研究者によると、オスは通常、このような遊びをするが、「少女」がこのような遊びの行動を見せるのは珍しいことだという。おそらく、ベリーがまだ2歳半という若さであることと関係している。

 「まず動画を見る研究者を喜ばせた。こんなに健康で陽気なヒョウを見ることができるなんて」と、連邦国家予算機関「ヒョウの土地」科学部のアンナ・ヴィトカロワ部長は話す。

 世界では近年、沿海州南西部の自然界にしかアムールヒョウは生息していない。国立公園「ヒョウの土地」は、絶滅危惧種のアムールヒョウを保存、再生することを目的として、2012年に設立された。