地下鉄の警察犬

 爆発物探知犬たちは吠えてはならないし、ノンストップでプラットフォームを歩き回らなければならない。でも、大気汚染センサーのような機械では、犬たちに取って代わることはできない。そんな犬たちはどうやって爆発物を探しているのだろうか。
police dog
 グリゴーリイ・シソエフ/ロシア通信

 サンクトペテルブルクでの地下鉄テロ事件の後、治安当局は安全対策を強化し、警官が増強され、より入念に監視、検査がなされているほか、ほとんどのプラットフォームでは爆発物探知犬が働いている。ロシアNOWはこの方面の職務についている専門家に、どうやって職業犬を育てるのか、犬たちはテストを通過しているのか、またこの種の犬を機械で完全に代替することは可能なのかといったことを聞いてみた。

 

エヴゲニー・ツヴィゲリスキー氏(国立第38番カレッジ講師。警察犬学科で専門科目を教える)

 犬と機械のどちらが爆発物を効果的に探知するかという問題は、とっくの昔に結論が出ている。全世界でその両者が組み合わされている。つまり、機械がこの「生物検出器」と組み合わされて使われている、ということだ(ロシア連邦警察法によれば、犬は「犯罪対策における特殊な手段」と位置付けられており、いくつかの国におけるように警察の将校とはされていない)。両者とも必要不可欠だ。機械が犬に、どんな場合でもどんな時でも、取って代わるわけにはいかない。

 その理由は第一に、携帯用の機械を作って、それであらゆる種類の物質を認識するのは、かなり難しいこと。それが持ち運びに便利なものであればいいが、それでも、そうした機械を持って当該の物体にあまりにも近づかなければならず、危険である。

 第二に、機械と違って犬は、テロリストに対して心理的な効果を与えることができる――とくに「東方」出身者に対しては。彼らは犬をあまり好まないから。テロリストがそれでなくても強いストレス状態にあることを考えれば、犬を目にしたときには、自分でボロを出したり、考え直したりする可能性もある。

 麻薬探知犬または爆発物探知犬の初期調教は、その方法論にもよるが、少なくとも平均90日はかかる。

 ロシアでは、爆発物、麻薬などの現物よりも模造品を使って調教するように努めている。というのは、多くの職域では、当該の現物を使うのは難しくなるからだ。だが、模造品だけで調教したのでは十分な信頼性は得られない。模造品で本物の強い匂いを再現するのは困難だから。犬が初めて現実の条件で現物に遭遇した場合にどう振る舞うか、予測するのは難しい。

警察犬、モスクワ地下鉄のヴィスヴァチナヤ駅 アレクサンドル・ヴィリフ/ロシア通信

警察犬、モスクワ地下鉄のヴィスヴァチナヤ駅

4月4日、サンクトペテルブルク地下鉄の「技術大学」駅 AP

4月4日、サンクトペテルブルク地下鉄の「技術大学」駅

モスクワ地下鉄 ドミートリイ・コロベイニコフ/ロシア通信

モスクワ地下鉄

 
1/3
 

 我々の学校では、様々な犬を購入している。すべてはコネクションや財政状態に左右される。雑種の犬を買うのは、そうせざるを得ない場合で、つまり犯罪者の注意を引かずにこっそりそれを使役するような場合だ。例えば、空港のホールで、まるで飼い主のいない犬が人と物をかき分けて走っているように見せかけるケース。だが、こういうことは地方でしかやらない。

 使役犬には主に純潔種を使う。これらは一定の性質を備えた道具なのだ。雑種のなかから優秀な使役犬を手に入れようとするのは、ほとんどくじを当てようとするようなものだろう。その犬の両親が探知犬であれば、親以上になれる可能性は60%超ある。

 犬は常に試験する。例えば、まだ子犬のときに、どれだけ遊びたがるか、食べ物に関心があるか調べるテストをやる。というのは、もしその犬が食いたくもなく遊びたくもないとすれば、後でどうやって調教するのか?またコミュニケーション能力や激しい音響への反応を調べるテストもあるし、狩猟本能を調べるものもある。なぜなら、何かを探す、探知するということは、狩猟本能を転換させたものに他ならないから。これは、同じ食べ物をいかに意識的に速やかに見つけるかでテストする。

 

ロシア連邦内務省の現役の警察犬使役専門家(本人の希望で匿名)

 もし爆発物がそこにある場合には、犬がそれを見つけられる可能性は90%以上ある。それぞれの爆発物探知犬の使役者には、一匹の犬が固定されており、その使役者が調教も行う。もし探知に際して、その使役者が爆発物はないと言ったにもかかわらず後で見つかれば、刑事罪にまで至る責任を負う。

 生まれて間もない子犬を買って調教し始める使役者もあれば、生後7~8か月のものを買う者もいるが、いずれにせよ、ほとんど常に一般市民から買うことになる。

 犬の価格はロシアでは5万~6万ルーブル(約10万~12万円)だが、ヨーロッパと同様に、かなりバラついている。欧州では、500~2000ユーロ(約6万~24万円)といったところだ。

 雑種は使わない。使役犬の主な種類は、ジャーマン・シェパード、ラブラドール・レトリーバー、スパニエルなど。犬を買う際に、犬が備えていなければならない基本的な性質をテストするようなことはしない。足りない性質、例えば、「社会性」の欠如などは、数回「赤の広場」や地下鉄で遊んでやれば矯正することができる。こういうことは、使役者が直観にしたがって行うわけだ。

パヴェル・ゴロヴキン/タス通信
モスクワ地下鉄 グリゴーリイ・シソエフ/ロシア通信

モスクワ地下鉄

モスクワ地下鉄のアルバーツカヤ駅 ニコライ・ガルキン/タス通信

モスクワ地下鉄のアルバーツカヤ駅

 
1/3
 

 使役犬はもし何かを見つけたとしても吠えない。吠えてはいけないのだ。見つけたときにそれを示すための特別なシグナルやしぐさを、犬に教え込んである。特別な姿勢で寝たり座ったり、あるいは鼻先で示したり。

 一般人の多くは、こう言ってよければ、知識なしにただ眺めている人たちは、犬が地下鉄でただ座ったり寝たりしているときには仕事をしておらず、したがって効果的でないと思い込む。だが実は、これは犬にはノーマルなことで、犬だって休まなければならないのだ。犬の課題は何時間もぶっ続けでプラットフォームをあっち行ったりこっちへ来たりして、探し続けることではない。その主な機能は、自分のパートナーつまり使役者が何かを発見した場合に、素早く適切な方法でそれを確かめることだ。

 技術や機械で犬の替わりになるようなものとしては、大気汚染センサーがあるだけだ。だがもしそれが犬よりも安くて優秀であるとすれば、とっくの昔にいたるところに設置されていただろう。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!