アムール川の氾濫で新たな流域が浸水

ロシア極東で発生した大規模かつ長期間の洪水の被害額は、10億ドル(約1000億円)と試算されている。この未曾有の水害はまだ収まっていないため、被害額はあくまでも初期の数字だ。2ヶ月も大水と闘っている被災地の住民は、これを聖書の「大洪水」と比較し始めている。約3万人が避難し、主に軽傷やストレスなどで3000人が入院。ハバロフスクでは浸水家屋からの避難が続いている。水文学者によると、アムール川の一部の水位は9月5日までに、830センチメートルまで上昇するという。
街で”島”となった場所はすでに、極東のベニスと呼ばれている。道は急流の濁った運河に変わった。 =AP通信撮影
街で”島”となった場所はすでに、極東のベニスと呼ばれている。道は急流の濁った運河に変わった。 =AP通信撮影

アムール川中流では水がひき始める

 それでもアムール川中流ではようやく水がひき始め、1日5センチメートルないしは50センチメートル水位が下がっているところもある。沿アムール地方では9月末頃に降霜(こうそう)が始まるが、数千軒の家は住める状態にない。

もっと読む:

冠水つづくロシア極東

 ウラジミロフカ村の住人のマリーナ・マスロワさんは、ため息をつきながらこう話す。「もうかれこれ1ヶ月も屋根裏で生活している。腰の高さまで浸水して、もう部屋は使うことができなくなってしまった。湿気臭くて、あちこちカビだらけ。寮の入居申請書を今日提出したばかりだけれど、できるだけ早く引っ越して普通の生活に戻りたい」。

 避難民は冬の間、サナトリウムや軍の兵舎にふりわけられる。復旧可能な被災家屋は、温風送風機で乾燥させることになる。すでに300機が送られているが、政府予備基金は他に2000機発注した。温風送風機は電力を大量に消費するため、地元政府は被災した住民の電気代を3分の1に軽減する決定を行った。

 

ユダヤ自治州とハバロフスク地方では水位上昇続く

 中国黒竜江省政府からも支援の打診があったが、ロシア側はまだこれを受けていない。というのも、中国の水害も深刻だからだ。中国では今夏の洪水で450万人が被災し、直接的な経済損失は120億人民元と試算されている。黒河市の貨物ターミナルはアムール川の氾濫で浸水し、税関には12トンの国際郵便物がたまった。だがアムール川の水は一部ひき始め、8月29日には水害後初となる貨物はしけ船2隻が川を横断した。船はロシア側に機械や郵便物3トンを届けた。

 一方で、ユダヤ自治州およびハバロフスク地方流域の、範囲1000キロメートル強のアムール川では、水位の上昇が依然として続いている。ハバロフスクの例年の水位は、晩夏または初秋で4.5メートルだが、現在はこれが8メートルに達している。市民、救助者、軍人は、アムール川の氾濫のひどい箇所を定めるようにしながら、すでに長さ18キロメートルの堤防を築き、毎日高くしている。

 

「極東のベニス」

 街で”島”となった場所はすでに、極東のベニスと呼ばれている。道は急流の濁った運河に変わった。アムール地方知事は、住民に危険区域から避難するよう呼びかけているが、100人以上の”島民”が浸水した家屋に居座り続けている。穀物、砂糖、即席ラーメンなどを備蓄しており、救助者はボートに乗ってパンや水を届けている。住居ビルでは上階の住人が下階の住人を集めて、空いている部屋に住まわせている。

 地元の名物になっているのは、年金生活者のウラジーミル・ニコラエヴィッチさんだ。もう何日も精進を守り、水害がやむよう祈りをささげている。天が与えるこの試練を、感謝の気持ちを持って受ける必要があるという。ウラジーミルさんの家に救助者がやってくると、屋根から喜んで宗教談義をし始める。

 

軍需工場にも大水が迫る

 極東の産業の中心であるコムソモリスク・ナ・アムーレでも避難が始まった。ここは原子力潜水艦、軍用機、中距離旅客機を建造している街だが、今は堤防をつくっている。

 ウラジーミル・プーチン大統領は被災地を訪れ、延々と続く浸水地を上空からヘリコプターで視察し、地元住民と言葉を交わした。「これほどの規模の災害に我々は直面したことがない」と大統領は話し、洪水が起こった際に、地元の行政が法と規則に従って活動したかを調べるよう、調査委員会に指示した。また一時滞在した場所で、20人の被災者を見舞った。

こんな話題も:

極東で100万km2が浸水

 ところで、大統領の車列を被災地に通すために、3本の主要幹線道路のうちの1本が封鎖された。他のもう1本は洪水で数ヶ所が流されたことから、これまた”封鎖”されてしまい、ハバロフスクの被災していない地域の交通はマヒしていた。

 プーチン大統領が被災地を訪問した後、極東連邦管区大統領全権代表兼極東発展相のヴィクトル・イシャエフ氏が解任された。新たに大統領全権代表となったのは、ユーリ・トルトフネフ大統領補佐官。次の極東発展相は、今後政府が決める。正式な発表では、今回のイシャエフ氏の人事異動は洪水とは無関係で、1ヶ月前から決まっていたという。

 アムール川河口に最大の洪水が到達するのは15~20日後と予測されている。川の水位は数週間かけて下がっていく。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!