トルコの空港テロでロシア人負傷

 トルコ・イスタンブールの国際空港で28日午後10時(日本時間29日午前4時)ごろ、爆弾テロが発生した。「ロシスカヤ・ガゼタ(ロシア新聞)」によると、被害者にはロシア人もいるという。

 現在明らかになっているのは、少なくともロシア人男性一人が含まれているということで、現地の病院に搬送されたという。バフチェリエブレル地区の病院の一つに、この情報の確認が取れている。

 トルコ最大のアタチュルク国際空港で、3回の大きな爆発があった。一つは駐車場、二つは国際ターミナルの入口と出口で発生した。トルコの「ハベルトゥルク」テレビは、ベキル・ボズダウ法務相の話として、このテロで少なくとも31人が死亡、147人が負傷したことを伝えている。

 

元記事(露語)

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!