アレクサンドル・クラノフ

日本に亡命したロシア人:その生の軌跡を尋ねて

在日ロシア人の歴史は1854年に始まる。日本に住むロシア人の人口が著しく増加したことはこれまでなかったし、そのうちの大半が自分の意思で来日したわけでもない。だが、ロシア系移民の多くが心から日本を愛し、第二の故郷だと考えていた。そして一部の移民は、スポーツから哲学まで、また舞踊から食品産業まで、日本の暮らしのさまざまな側面で発展に貢献することができた。新たなコーナー「日本に亡命したロシア人:その人生の軌跡を尋ねて」では、亡命ロシア人が日本のためにどのようなことを成し遂げたのか、そしてこれらの人々の思い出が今日どのようにしてロシアへと戻っているのかをご紹介する。
レオ・シロタ
薩摩藩の侍たち
+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!