ロシア革命の陰謀説

 ロシア革命の原因についての陰謀説は、革命とほぼ同時に浮上し、すでに100年、“磨きがかけられている”。1000年の皇国が瞬時に崩壊したことについて、フリーメーソンの手によるものだという意見もあれば、ニコライ2世を打倒したイギリスまたはウラジーミル・レーニンを支持したドイツなどの大国の陰謀によるものだという意見もある。
Petrograd
ペトログラード、1917年=  ロシア通信

イギリスの痕跡

 1917年2月の専制打倒の承認を三国協商の同盟国、特にイギリスが提出したという説は、いまだに人気がある。ロシアの有名な社会・政治評論家ニコライ・スタリコフ氏は、自身の著書「1917年、『ロシア』革命の謎解き」の中で、これがイギリスの陰謀で、ロシアを弱体化させたいという単純な思いが背景にあったと書いている。

 もっと前から言われていたのは、イギリスが皇帝と、特に、ドイツに共感していた疑いのある皇后を排除したがっていたからだというものである。不人気の皇帝を交代させることで、ロシアでは大規模な革命的激変が起こることなく、第一次世界大戦から抜けることもなくなるはずであった。

ジョージ・ブキャナン在ロシア・イギリス大使ジョージ・ブキャナン在ロシア・イギリス大使

 

 主な陰謀者と考えられていたのは、ジョージ・ブキャナン在ロシア・イギリス大使。ロシア最後の皇后の親友アンナ・ヴィルボワは、回顧録にこう書いている。「皇帝は、信用できる筋の話として、ブキャナン大使が自分たちに対する陰謀に参加すること、イギリス大使館ではこれについての大公との会議のようなものが行われていることを私に話した」。ブキャナン大使自身はこのような疑惑にいら立ち、回顧録でいかなる革命の扇動にも関与していないと激しく否定している。

 歴史学者は、イギリス大使が陰謀に参加したといういかなる証拠も提示していない。だがイギリスはロシア革命で独自の役割を果たしている可能性がある。イギリスのスパイが、皇族に気に入られていたグリゴリー・ラスプーチンの殺害に関与したのではないかと推察されている。イギリスはラスプーチンを「ドイツの影響」を取り入れる者、またはドイツのスパイとみなしていた。サンクトペテルブルクの歴史学者アンドレイ・イワノフ氏は、「ペトログラード(現サンクトペテルブルク)のイギリスの外交使節団の関係者とイギリスの諜報活動に関係している者が、(殺害に)関与したことは完全に証明されている」と考えている。当時の人の多く、たとえばミハイル・ロジャンコ国会議長は、ラスプーチンの殺害から革命が始まったと考えていた。

 

フリーメーソンの陰謀

 フリーメーソンの陰謀説にも人気がある。20世紀初め、フリーメーソンはロシアの政治において目立った役割を果たしていた。
皇帝の打倒を目的としたフリーメーソンの1917年の陰謀について、関与を噂された人は疑惑を晴らさねばならなかなった。当時のできごとの中心人物の一人はアレクサンドル・ケレンスキー。回顧録で、陰謀説をばかげていると言いながら、「君主制の崩壊と暫定政府の樹立には嘘の活動(との関係がある)」と書いた。

 とはいえ、フリーメーソンの陰謀を否定しながらも、当時のできごとにおける政治的なフリーメーソン主義の役割を否定することは難しい。政治改革などの手段で、進歩的発展に協力することを目標とした一連のフリーメーソンには、多くの影響力のある人、国会の野党的な姿勢の人が含まれていた。これはリベラル派だけでなく、社会民主派でもそうであった。ロシア革命まで国会議員で、1917年にソ連政府の基礎を築いた機関「ペトログラード労働者・兵士代表ソビエト(ペトロソビエト)」の初代代表となった、ニコライ・チヘイゼも、フリーメーソンだった。

画像:ロシア通信画像:ロシア通信

 だが、民衆が蜂起していた状況においても、1917年7月にフリーメーソンであるケレンスキーが暫定政府の首相となっても、秘密組織は政府を助けることはなかった。「反帝政派の政治組織は、皇帝の失脚によってその意味を失った」と、歴史学者オレグ・ソロヴィヨフ氏はロシアでフリーメーソンの影響があった時期の特徴を説明した。

 

レーニンとドイツの金貨

 別の人気の陰謀説は、ボリシェヴィキがドイツから資金提供を受けて革命を行ったというもの。ボリシェヴィキの指導者レーニンとその仲間は、対戦国であるドイツ領を経由して1917年4月に「封鎖車両」でロシアに来た。これが陰謀説浮上の原因となっている。ボリシェヴィキはペトログラードで7月に政権を奪取しようとして失敗し、暫定政権にドイツとの関係を批判された。法務省は、レーニンのドイツのスパイ工作、反逆罪を疑った。

口ひげなし、あごひげなし、かつら、キャップをかぶったV.I.レーニン。セストロレツキー武器工場の作業員K.P.イワノフの名前の証明書写真。レーニンはこの身分証明書を使い、臨時政府の追跡から逃れながら、フィンランドに出国した。=Mary Evans/Global Look Press口ひげなし、あごひげなし、かつら、キャップをかぶったV.I.レーニン。セストロレツキー武器工場の作業員K.P.イワノフの名前の証明書写真。レーニンはこの身分証明書を使い、臨時政府の追跡から逃れながら、フィンランドに出国した。=Mary Evans/Global Look Press

 スパイ関連の批判は徐々に二の次になっていき、ロシアが戦争から脱却することに関心を持っていたドイツが、ボリシェヴィキに多額の資金提供を行ったという主張に注目が集まった。数千万ドイツ・マルクとも言われている。これについて、西側の多数の歴史学者が書いている。1980年代末からは、一部のロシアの歴史学者も加わった。しかしながら、「革命遂行のためにドイツから(ボリシェヴィキが)資金提供を受けたことを証明する動かしがたい事実は、結局見つからなかった」と、ロシアの歴史学者の一人は結んだ。サンクトペテルブルクの権威ある研究者ゲンナジー・ソボレフ氏は、レーニンのドイツの金貨について、調査を続ける必要があると指摘している。同時に、ベルリンからのボリシェヴィキ向けの資金をめぐる事情がどのようなものであったとしても、それによってロシアで革命が起こったわけではないと話す。ロシア革命には、「第一次世界大戦で数倍強まった国内的な深い原因」があった。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!