食べ物にまつわる4つの世界記録

2016年4月13日 マリア・アズニナ
 ロシア人は、美味しい食べ物を食べるのが紛れもなく好きだが、それを作ることにはもっと夢中だ。食べ物におけるロシアの功績は、ギネスブックも認める数々の世界記録という偉業につながった。その一部の記録は、何年も経過した今でも破られていない。
Food record
 Shutterstock撮影

世界一長いカッパ巻き

 エカテリンブルク市 (モスクワから東に1743キロ) は、伝統的なロシア料理とは全く関連がない食べ物の世界記録を樹立した。2011年12月12日、スシコフ・レストランのスタッフは、世界最長のカッパ巻きを作った。キュウリ巻きの長さは2キロ521メートル74センチだった。これを切った場合、6万個になると推定された。巻き寿司はボルシチほどロシアの伝統料理ではないが、この日本の名物料理の人気は近年、目を見張るほど上昇したため、事実上ロシアのどんな都市に行っても寿司屋を見つけることができるくらいだ。

 

最大のポップコーンのモザイク

 世界最大のポップコーンによるモザイクというこの記録は、美術的な才能と料理の才能を組み合わせたものだ。

 モスクワの9人の画家が、2001年12月16日にクズマ・ペトロフ=ヴォドキンの有名な絵画『赤い馬の水浴び』をポップコーンのモザイクで創作した。これはポップコーンメーカーを含む食品生産に使われる設備の輸入を手がける企業の集合体のために行った企画だ。食べることができるこの傑作は100平方メートルものサイズを誇り、ロシアにおけるポップコーン生産開始10周年を記念して作られた。 

 

最長で最大のラヴィオリ

 ロシア人の日本料理好きに匹敵する唯一のライバルは、彼らのイタリア料理好きである。2013年8月3日、アムウェイ・ロシアは世界最長のラヴィオリをサンクトペテルブルクで作った。 その長さは29メートル28センチ、重さは20キロだった。

 ラヴィオリの具は鶏肉とタマネギだった。

 

最大配膳サイズの鶏肉: 燻製とグリル焼き

 マリエル共和国の首都ヨシュカル・オラの「プティツェファブリカ・アカシェフスカヤ」(アカシェフスカヤ鶏肉工場) は、鶏肉の配膳に関する世界記録を2つ持っている。

 グリルで焼いた鶏肉の最大配膳サイズという記録は、2014年8月8日に樹立された。その重量は1726キロ400グラムで、この会社の創業10周年を記念して企画されたものだ。1年後、同社は燻製にした鶏肉の最大配膳サイズでも世界記録を樹立した。これはグリルで焼いたものとくらべてさらに大きく、2000キロの重量だった。どちらがより美味しかったかは記録されていない。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!