「ロシアの空の下」

刊行:2014年3月

中村喜和 著

風行社

 ロシアをこよなく愛し、ロシア文化研究に半世紀をささげた碩学(せきがく)の新著である。


 ロシアの空の下で、濃密な交流を紡いだ無名の日本人とロシア人の秘話が、柔軟な批評精神と綿密な調査で、もつれた糸をほぐすように丁寧に描かれている。


 どれも粒ぞろいの名品だが、万里小路(までのこうじ)正秀をめぐる評伝は特に興味深い。万里小路は公家の名家に生まれ、13歳で岩倉使節団に加わり、10年間ロシアに遊学した。ロシア語が抜群にできた。


 ロシア人女性との恋愛と破綻、ニコライ神父との交流と離反、大津事件との遭遇、ロシア正教に帰依しつつ宮内省の神職を全うした経歴など、明治日本の懐の深さをうかがわせるエピソードが満載だ。悠然たる大河の趣をもつ逸品である。

もっと読む: 『世界歴史の旅 ロシア──モスクワ・サンクトペテルブルク・キエフ』 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg
+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!